腰痛にならない体をつくる③|整体&健康塾らくしんかん(広島市中区)

前回、仰向けに寝て身体を伸ばして弛む方法を紹介しました。

 

こんな疑問をいただいたのですが、

「仰向けに寝た方が良いのですが、仕事とか忙しい合間にもしたいのですが….?」

 

仰向けにやっていただくと、両手・両足が自由に使えて

伸展とリラックスの幅ができて有利です。

 

しかし、立ってやったり、座ってもできます。

 

お仕事など忙しい時は、わずかな時間でもできますので、

椅子に座った姿勢、立ち姿勢でもやられるのも良いのです。

(つづく)