自分でできる元氣&整体生活|広島らくしんかん整体 花粉症その7(最終回)

花粉症シリーズ・7回目、最終回になります。
 
前のブログ(花粉症5)で、
窮極の改善法として”活元(自動)運動”を紹介しました。
 
これを1年間やりつづけると、身体が大きく代わってきます。
ある意味、身体そのものが進化するという感じです。
 
普通に大人になれば身体の成長が止まりますが、
それとは違って、やればやるほど身体の感覚が軽く爽快になり、
身体そのものが変わってきたという実感が味わえます。
 
そういう意味で”身体が進化する”と言っても過言ではないと思います。
私も長年、活元(自動)運動して実感しています。
関心のある方は、弊処まで遠慮なくお問い合わせください。
 
ところで活元(自動)運動自体、人前ではやりにくい。
動きそのものに”ちょっと”抵抗感を持たれる方もいるでしょう。
そこで、もっと簡単な対処法を紹介しましょう。
 
今回は2つあります。
ひとつは肩胛骨を徹底的に動かす体操。
もう一つは肩胛骨以外も動かす体操です。
 
したがって今回当動画ブログは2つ用意していますので、
それぞれ参考にしてくださいね。
 
前者の肩胛骨を徹底的に動かす体操として
1.肩上げストン 2.肩胛骨まわし 3.後手握手の肩胛骨寄せ上げ
の3つをあげています。
 
3つとも、いつでも、どこでも家庭や職場でも手軽にできます。
時間も手間もかからないのでお好きな時にお好きなだけどうぞ。
二人組で後ろで補助をすると、さらに効果が出てきますよ。
 
後者の肩胛骨以外の体操として、
1.後ろ首後頭骨あげ(上頚操法) 2.ペンギン体操 3.恥骨への愉氣(手あて)
になります。
 
1の上頚操法は、血行を良くし頭や目の疲れを解消します。
2のペンギン体操は、うまくやれば後頭部、首、肩、肩胛骨など一連の動きを良くします。
3の恥骨への愉氣は、仰向けでやるのがいいのですが、過敏・皮膚病に対処します。
  
※動画ブログは2つにわかれています。
前者は”花粉症に!No.2 肩胛骨の体操”
後者は”花粉症に!No.3 上頚
というタイトルになっています。
 
一連のシリーズで申し上げましたが、
”花粉症”をひとつの機会として、これまでのご自身の身体を見直す
キッカケにされてはいかがでしょうか。
 
単に今ある症状を治してしまえば良い
という考え方では来季も同じことを繰り返しますし、
年を追うごとに、徐々に身体も鈍くなり悪くなっていきます。
 
次回では番外編として
弊処での”季節とからだの講座・花粉症対策編”開催のご案内をいたします。

これで一旦終わりますが、長らくのご講読お疲れ様でした。
最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
(おわり)