自分でできる健康&整体生活|広島らくしんかん整体 東京・宮城出張その1

4月のはじめ、東京と宮城県へ出張に行きました。
今回も2回にわけて簡単に報告します。

丸一日をかけて広島から東京へ列車で移動後
翌日は都内で故・岡島瑞徳先生の高弟の方のもとで、
整体講習会を受けました。

ここでは”力づく”では絶対辿り着くことができない
高度な身体操作を数年以上学んでいます。

素人が見たら何気ない身体の動かし方もであっても、
”力づく”を否定しながらも、単に脱力するだけでもない、
常識を覆す高度な身体の運用には、毎回驚かせられます。

”ナマの力”であれば、
単に”力”で人様の肉体を押したり、揉んだりするだけです。
我々は、”単に気持ちがいい”とか”コリがほぐれた”といった、
そういう表面的なレベルを超えたいのです。

”力”だけでは到底辿り着くことができない
相手の内面へ愉氣を通じて、この高度な身体操作を
伴いながら相手の奥深くに通じていきたいのです。

相手の奥深くに通じて、相手の奥深く秘めている
自分で元氣になる力を呼び戻させたいのです。

そうは言っても、何年通っても
なかなか師のレベルには到達しません。

この日も一般的な整体操法である
”肩胛骨はがし第一操法””腸骨はがし”などを
今回身体の運用で注意されたところに気をつけて
稽古しましたが、なかなか難しい。

本当に整体というのは一生修行しないと
いけないものだと改めて思い知らされます。

この後は夜行バスで宮城県・気仙沼へ向かいます。

(つづく)