自分でできる健康&整体生活|広島らくしんかん整体 彼岸下痢

この春先に、さほどお腹が痛くないのに

思わず”下痢”をしてしまうケースがあります。

 

とくに、お彼岸のころに頻発するので、勝手に”彼岸下痢”というふうに呼んでいます。

”お腹を弛める”春先の特有現象です。

 

冬の寒い時期に首が堅くなりますが、春には弛もうとします。

しかし首がなかなか弛まない時は、首と関係がある”お腹”を使って弛ませようとします。

 

つまり”お腹”に暫く緊張してもらうのです。

お腹が緊張すると、一時的に首が弛むという関係があるのです。

お腹が緊張した結果が”下痢”なのです。

 

”首”の緊張をとる下痢なので、”食あたり”みたいな痛みはありません。

思わずお腹が下ってトイレへ行ったら、シャーッと出てしまったそんな下痢です。

 

私も今回はお彼岸前の3月上旬にやりました。毎年やっています。

また敢えて、寒風にお腹をさらして下痢をさせることもあります。

 

下痢をしても”下痢止め”など飲んではいけません。

しばらくの間、出るだけ下痢をさせてください。

そうすると首もお腹も弛んで、身体もスッキリしてきます。

 

”春の身体”になるための”ひとつの変化”です。

よく知られていませんが、春先の大事な変化です。

(おわり)