自分でできる健康&整体生活|広島らくしんかん整体 春に出る身体の不調

広島でも桜が満開を迎えようとしています。

すっかり春ですね、木々も新芽が伸びようとしています。

 

春は”芽吹き”時、私たちの身体も春にあわせて活発になろうとしています。

 

身体の様々なところで調整すすんでいきますが、

過去に異常があったところも調整が起こることがあります。

 

そうすると今まで感じていなかったところが、

異常感として感じてくることがあります。

 

それが”何か急に不調になった感じ”になることがあります。

 

思わず慌ててしまいがちですが、

これが春先、身体が調整され変わろうとする反応なのです。

 

木だけでなく身体にも”芽吹き”時があるのです。

 

例えば、私事で恐縮ですが、

これからの時期、昔転落して左足を骨折したのですが、

その部分が疼いてきたり、子供のころの喘息の発作が出たりと….。

 

こういう場合は、恐れず慌てず

異常部位を冷やさず、じっくりと愉氣するのです。

そう、やさしく手をあてることです。

 

じっくりと愉氣をすれば過去の異常も調整できます。

 

”愉氣(手あて)”について知りたい方、実習なさり方は

弊処”らくしんかん”で講座・講習を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

(おわり)