自分でできる健康&整体生活|広島らくしんかん整体 愉氣のやめ時

よく”手あて(愉氣)”をしたとき、

どれくらいの時間したらいいのですか?

いつやめたらいいのですか?

 

という質問をいただきます。

 

私も故・岡島瑞徳先生から、

”愉氣をしている人が、

なんとなく止めたくなったら止めたほうが良い”

と教わりました。

 

なんとなく止めたくなったときが、

集注が薄れ、お互いが何となく離れたいタイミングでもあり、

これ以上、愉氣を必要としなくなった欲求でもある。

とも教わりました。

 

一方整体協会で会員向けに発行される機関誌「全生」のなかでは、

野口晴哉先生は、

「創傷でも打撲でも、その部分に手掌をあてて、その思わず押さえた手を

放さないで、心を集注し気を凝らして、裡の動きが感ずるまで手を当てて

おくことが私の説く愉氣法だ。手掌に冷風感や蟻走感や温かい感じがするが、

それが経過して、何も感じなくなったら止めればよい、あとは体のはたらきに

まかせる」

 

「そう”何も感じなくなったら止めればよい”

そうすれば、あとはその人の裡なる力で変わっていくのだから」

 

当然のように思えるかもしれませんが、

わかっていたはずで、一方では、まだ奥に引っかかっていたものが

氷解したような新鮮な感じになりました。

(おわり)