自分でできる健康&整体生活|広島らくしんかん整体 汗の内攻と風呂上がり注意!

昨日の日中はちょっと暑かったですね。

暑くて汗ばんだので、その夜ひさしぶりに銭湯に行ってきました。

 

温泉も湧いてて気持ち良かったのですが、

急いで帰ったのがいけなかったのか、

今朝起きると、見事に鼻風邪をひいてしまいました。

 

お風呂も適当な長さ入っていると汗をかいてきます。

お風呂からあがった後も、身体が火照っているので

意外にも、だらだらと汗がでてくることがあります。

 

実はこの汗の処理が大事なんです。

 

お風呂からあがっても汗が出続けますので、

小まめに汗を拭くことが大切です。

間違っても扇風機で身体を冷やすのはやめましょう。

 

汗が出きってから服を着るようにしましょう。

その前に汗で下着が濡らしたら、潔く下着を取り換えましょう。

 

汗が未だ出ている状態、汗で下着が濡れた状態で、

外出したり、布団にはいって就寝しようとすると、

身体が冷えて汗も内攻してしまいます。

 

そうすると翌朝、思わぬ身体の不調にあうのです。

 

朝起きて、鼻水が出て”風邪をひいた?””花粉症?”と

思う前に前日までの汗の処理を思い出してください。

意外にも汗の処理の仕方のマズさが原因かもしれません。

(つづく)