自分でできる健康&整体生活|広島らくしんかん整体 怖い!汗の内攻とその影響

出るべき汗を引っ込めて”内攻”させたら、どんな状態になるのでしょうか?

 

たとえば、寒気がして背中に悪寒がはしる。

急な内攻だとお腹が痛くなって下痢をすることもある。

朝起きると鼻水が出たり、セキが出たり喉が痛くなる。

そのまま熱が出て風邪をひくことがある。

あるいは足が浮腫んだり、重くなったりすることがある。

そして身体がダルクなる。

などなど。

 

人によって症状の出かたは、さまざまですが、

昼と夜の気温差が激しい4・5月に、このような状態になれば、

まず汗の内攻を考えたらいいと思います。

 

じゃ、こんなことにならないためには?

 

前号の繰り返し、汗をかいたら小まめに拭くことが大事です。

 

特に初夏から梅雨にかけてはベタッーとした汗が

出ることがありますが、これは内部の毒素の吐き出しです。

引っ込めないように拭いておくことです。

 

そして汗で濡れたら下着を取り換えたほうも良いことです。

 

ただ外出先で着替えが難しい場合は、重ね着ができるよう

上着を持ち歩くといいでしょう。

 

朝晩は湿度が低いこともあって、風が冷たく感じます。

風をとおさないウインドブレーカーや、首を冷やさない

スカーフ・ショールを持ち歩くといいでしょう。

 

この時期の乾いた冷たい風は意外に手強いのです。

 

じゃ、汗を内攻してしまったらどうするのか?

いちばん早いのは”足湯”です。

 

状態によっては

”足湯”さえすれば万全とは言えませんが、かなりの効果は望めます。

 

朝起きて、何だか調子がおかしいなと思ったら、

まず足湯をされるといいでしょう。

 

”足湯”が面倒くさいという方もおられるかと思いますが、

体操などの操法になると、工数が多く時間もかかり、

”かえって足湯のほうが早い”というケースがあります。

 

次回はその点を改めて説明したいと思います。