自分でできる健康&整体生活|広島らくしんかん整体 汗の内攻と冷えの関係

日中は素晴らしく暖かく少し歩くと汗ばむくらいでしたが、

夜に歩くとさすがに肌寒く感じます。

 

ところで、”汗の内攻”は「冷え」でもあります。

 

何故この時期の「冷え」は大きな負担になるのでしょうか?

 

それは春から初夏に向けて身体が弛みつつあるのです。

さらに夏に適応すべき身体になるべき皮膚も開いてきます。

これは暑くなる夏に向けてスムーズに汗を出して、

体温調整をするための、夏の身体になりつつあるのです。

 

そこへ急に冷えると、その冷えに身体が適応がなかなかできない。

ある意味、逆をつかれ不意打ちを喰らわされたようなものです。

 

例えばですが、寒中水泳や寒稽古など、

予め身心に覚悟があれば、さほど寒く感じないし

身体もそうそう不調にはなりません。

これは心身が緊張しているので、少々は環境の変化に対応していけるのです。

 

しかし身体が弛んでいる状態だと、対応が難しい。

まさにこの初夏の時期の冷えと汗の内攻はこのことなんです。

 

汗の内攻、冷えが度を超すと、寒さで震えてくることがあります。

そのときは小手先でなく、本格的に冷えに対処して温めた方が良い。

 

専門的ですが、

胸椎の8番を揺さぶることから始まります。ここは悪寒中枢です。

さらに胸椎の5番も愉氣をします。ここは発汗中枢です。

早い話、これらを同時に揺さぶり・愉氣をするのが解消方法。

 

 

ただ背骨を数えて操法するので、一般的ではありませんし、難しいです。

そうなれば足湯や、膝までの脚湯、半身湯などで温めたり、

活元運動(自動運動)をしたりして、丁寧にケアをします。

 

それらをする余裕がなければ、

まずは靴下を履き、着こむなどして温かい恰好をして、

誰かに背骨を丁寧にさすってもらうと寒気が収まってきます。

 

いずれにせよ、

この時期の汗の処理と、朝晩の冷えには注意が必要です。

(おわり)