自分でできる健康&整体生活|広島らくしんかん整体 ”五月晴れ”を愉しむ

日中だと陽射しの強くなると30度近くになりますが、

この5月は天気が良いと非常に気持ちが良いですね。

おそらく1年中で何をするにも良い季節だと思います。

 

特に、外で何か活動しようと思えば最高の時期でしょう。

 

普段、屋内で仕事や活動している方も

可能な限り外へ出て、5月の陽気を楽しみましょう。

 

好きな方は登山もいいでしょう。

そうでなければ無理をせずに、近くの名所・旧跡へのピクニックでもいいでしょう。

ちょっと遠出や、長めのお散歩でもいいのです。

 

この時期は、できるだけ活発に動き、身体の代謝をよくして、

鬱陶しい梅雨や、梅雨明け後の厳しい夏の暑さに備えて

身体を創り上げていくのです。

 

繰り返しますが、

身体の代謝を活発にしておくのです。

そのためには”動いて、息を活発に吸って吐いて、そして汗もかく”。

 

湿気が少なくカラッとしているので、

汗をかいた実感が少ないかもしれませんが、

もし汗をかいたら、そのままにせずタオルで拭き取ったり、

下着をすぐ取り換えてください。

 

カラッとしている分、汗をかくと

すぐに体温を奪い、冷えてしまいます。

前に述べましたが”汗の内攻”が始まり、体調を壊します。

 

かいたと思ったら、マメにケアしてくださいね。

それと紫外線も強いので肌のほかに、眼もケアしてくださいね。

 

この時期に代謝を活発にしておかないと、

身体が”夏のからだ”となってカラダそのものが開かないのです。

暑くなっても、熱を出したり、代謝することも上手くいかないのです。

 

そのために、ちょっと暑くなると意外に”熱中症”になったり、

梅雨時の”だるい””重苦しい”からくる、いろいろな身体の不調にも

つながるのです。

 

季節が繋がっているのと同様に、私たちの身体も本来なら無意識に、

次への季節に適応できるように繋がっているのですが、

最近は異常気象やエアコンの復旧でややこしいので注意が必要です。

 

この初夏の時期には、その時期に即した身体の過ごし方があります。

その智慧をうまく取り込んで活かして、季節を移り変りを愉しみ、

快適に過ごしましょう。

(おわり)