自分でできる健康&整体生活|広島らくしかん整体 肝臓の働きと解毒作用

前回に続き初夏の焦点”排泄”についてです。

 

この初夏の”排泄”のポイントは”肝臓”と”汗”です。

 

今回は「肝臓」から取り上げます。

春から初夏にかけて”肝臓”の動きも活発になります。

ご存知のとおり”肝臓”は解毒という機能があります。

 

冬場に溜め込んだ毒を、この時期に肝臓は活発にさせて毒を吐き出します。

 

皮膚病も、この時期になると目立ち、

ひどくなるように見えるのもこのせいなんです。

 

余談ですが、皮膚病や皮膚のできものなどは、

解毒・排毒作用の最後の砦です。

便・尿・汗などで排泄しきれなかった毒を皮膚を

通して排出する。まさに最後の手段です。

 

したがって、皮膚病が出たからと言って

すぐに塗り薬などで症状を抑えにかかるのは考え物です。

 

そんなときは、まず肝臓に愉氣(てあて)しましょう。

皮膚病が気になる場合は、さらに恥骨に手をあてて

足方向に軽く押圧する愉氣をするといいでしょう。

 

さらに気になる場合は腎臓にも愉氣をするといいでしょう。

 

排毒・解毒の要である”肝臓”にも、

一度は手をあてて見つめ直すのも良いでしょう。

(つづく)