自分でできる整体&健康生活|広島らくしかん整体 ”梅雨のだるさ解消!強力体操”

梅雨に入りましたね。

雨は降っていませんが、曇り空で蒸し暑い日が続くと、

”足や腰などからダルさ”を感じ、一日が憂鬱に感じてしまいますよね。

 

前に”脚裏(ももの裏)を伸ばしたら良い”ことで

壁に逆立ちをするような感じて足を掛ける”足上げ体操”を紹介しました。

 

しかし、稽古会などで検証してみると、

うまく足先を自分の顔のほうに向けて返してアキレス腱を伸ばさないと

効率よく脚裏を伸ばしにくいことに気づきました。

 

そこで今回はもっと”強力(?)”な方法を紹介いたします。

ちょっとハードなので、腰の悪い方、その他身体の具合が悪い方は

決して無理なさないでくださいね。

 

今回は”ヨガ”の”鋤(すき)のポーズ”から少しアレンジをします。

 

ヨガの”鋤”のポーズでは、仰向けから脚や腰を宙にあげて

逆立ちするように逆転させて、両足を頭の先の床につけています。

しかし、背中や身体が堅いと、両足を床までつけるのは至難であります。

私も途中で止まってしまい、両足を床につけることができません。

 

そこで少しだけ”横着(?)”します。

”アイキャッチの冒頭の写真”のように、頭の先に布団を積み上げて高くして

そのうえに両足を揃えて着けます。

 

ほかに、首・背中・腰の保護のために、背中にはやわらかい布団を敷きます。

首と頭は少し低くして、腰に毛布をあてがうと、やりやすくなります。

 

注意点は、

両膝・両足を揃えて、足の親指が積み上げた布団に接地するようにします。

両足が離れたり、足の親指が揃えてちゃんと接地しないと

アキレス腱やふくらはぎの裏、腿の裏、腰が一括して効率よく伸ばせないからです。

 

ちょっとハードで、布団の高さや準備で最初のうちは面倒くさいと思いますが、

慣れると、就寝前・起床後にお布団を上手く使って手軽にできるようになります。

 

就寝前にやると安眠熟睡、起床後にやると身体が軽くなって溌剌と動けます。

どうか無理のない範囲でお試しになってください。

(おわり)