自分で整体&元気生活|広島らくしんかん整体 ”足の冷えの観方と対処法”

「足が冷えているのに、足の冷えを感じられない!」

という事がよくあります。実はこれは非常に困ったことなのです。

 

今回「足の冷えの観方と対処法」に入ります。

”足・脚”は頭や心臓などの中心から最も遠いところにあるので、

温度など感じる感覚が、他の部位と較べて少し鈍くなりがちです。

しかも末端なので血液や体液の循環が滞りやすい面があります。

 

もうひとつ、冬場に経験があるかと思いますが、

温かい空気は上昇する性質がありますので、

立ち上がると、頭や胸のあたりは暖かくても、足のある地面は、

冷え冷えの状態という温度差もあります。

 

そうすると、やっぱり

”足”が冷えているのに、”足の冷え”を感じていない

ということがありえます。

 

そこに、簡単に”足先の冷え”を見分ける方法と”冷え”の対処方法を

紹介いたします。

 

まず下記の”足の写真”を見てください。

またまたキタナイ足の写真でごめんなさいね。

 

足の”指”と”指”の間に「金色」「銀色」のマーカーで塗っています。

冷えると、金と銀色のマーカーの指間が狭くなっていく性質があります。

そうすると、足の5本の指がパッと大きく広がらなくなってしまいます。
下記の写真のように、自分の指で”金・銀色”のマーカーの
指間を指先からカカトに向かって、ゆっくり・やさしくなぞってください。
なぞっていくと、目詰まりしていて痛みがでたら”冷え”の可能性があります。

特に冷えの影響が大きいのが”銀色”のマーカー部分。

中指と薬指、薬指と小指の間です。

これらの指間が詰まると、いよいよ”冷えの影響”を受けている

可能性があるのです。

 

この指間を、指の付け根からスタートしてカカトに向かって、

ていねい・やさしくカカトに向かって、ゆっくりなぞっていきます。

イメージとしては、詰まった指間を雪をかきわけるラッセル車みたいな感じで、

ゆっくりと手の親指で拡げていきます。

 

写真では片手でやっていますが、両手を使って両手の親指を重ねて

やると安定してなぞっていけます。くれぐれも親指に力を入れないでくださいね。

やさしくラッセルするようになぞっても、指間が詰まっていると少し痛みを感じます。

ゆっくり愉氣しながらなぞってくださいね。

 

マーカーの色が終わるあたりまでラッセルするようになぞったら終わりです。

あとは足の指と足首を回してくださいね。

 

他に”足”が冷えると、

足裏が腫れぼったくなったり、ふくらはぎの外側が張ったりして

何となく足首や脚が太くなったような感じがしてきます。

 

一度試してみて、まさに”足の冷え”ているようでしたら、

一度は”足の冷え”から自身の生活習慣・態度を見直していただく

キッカケになればよろしいかと思います。

(おわり)