自分deできる整体元気生活|広島らくしんかん整体 夏に強い身体を創る

前号では、この梅雨末期は高温な割には湿気がちで、

汗をかきたくともスカッとかけず、何となく身体が重く・だるく感じる方がいらっしゃると思います。

 

当然、身体の代謝が落ちてきますので、腎臓からくる泌尿器系統に負担がかかりますし、

さらに、前号で説明しましたが、湿気がちにより息苦しいとか、胸が拡がらないといったことは

呼吸器にも負担がかかっております。

 

再度まとめになりますが、

泌尿器・呼吸器に影響を受けやすい人は、この高温多湿の梅雨末期・夏場を乗り切るのが

”つらい”と思うのは、こういうところがあるからです。

 

そこで、これらの方が少しでも快適に梅雨・夏場を気持ち良く過ごしていただくために、

もう一度、身体の調整点のポイントを説明いたします。

 

泌尿器系統に負担がかかっている人は、足・脚に影響がきています。

脚が疲れる、張る。足が浮腫む。足先が火照るなど、特に足がだるくて夜眠れないということもあります。

そういう場合は、腿裏の筋肉をはじいたり、脚裏全体を伸ばしておくと気持ちがよくなります。

めんどうくさい場合は、壁かテーブルのうえに脚・足をどんっと載せて伸ばすとよいです。

 

呼吸器に負担がかかる人は、とにかく胸を拡げること。胸と対をなしている肩胛骨をよく動かしましょう。

そして呼吸法をされることをお奨めします。息を静かに深く吐いたり吸うことができれば、胸がラクになります。

 

これらの、運動や呼吸法について、詳しく知りたい方は

遠慮なく弊処らくしんかん”体育塾”等にご参加されると、愉しく効果を実感できながら

身体を良い方向に変えていく事ができますので、是非ともご受講ください。

(おわり)