自分deできる整体生活|広島らくしんかん整体 ”イライラした時とサウナの効用”

先の号で「家庭でもできるデトックス風呂」ですが、

イライラして仕事や勉強が手につかないとか、寝付けない時にもお奨めです。

この場合、身体の中に余剰エネルギーが溜まっているので、

余剰エネルギーをデトックスとして抜くのです。

 

そうすると”サウナでもいいじゃん?”と言われますが、

私も”サウナ”は良いと思います。私もサウナが好きですし、

次号ちょっと触れますが、サウナ発祥のフィンランドにも行ってきましたので。

 

しかしながら、私の師匠にあたる先生方は

サウナに入って無理やり汗をかいても意味がない。

かえって循環器系統や腎臓に負担がかかるといって、あまり薦めてくれません。

 

でも、この梅雨時期の汗がかきづらく、

さらに日頃オフィスでエアコンの冷風にさらされて仕事をされている方は、

汗腺が閉じて汗が出にくいですし、冷えで悩んでいることもあると思います。

何もしないでほっておくよりは、サウナでも入りにいけばいいじゃないでしょうか?

 

さすが本場フィンランドと違って、家庭にサウナなど無いと思いますが

ちょっとしたスーパー銭湯や、温泉施設だったら、たいていはサウナがあるはずです。

 

各施設にだされている利用心得を守って、決して無理と我慢さえしなければ、

健康法あるいは気分転換には最高だと思います。

 

サウナではよくこんな効用がうたわれていますが

1.汗をかき、新陳代謝が高まるので皮膚にハリが出る美容効果

2.高温浴で脈が速くなり、運動した後の心地よい疲労感が味わえ、ストレスと不眠解消につながる。

3.やり方によりけりですが、幾らかの減量効果がある。

4.サウナ・冷水浴を繰り返すことで、肌を引き締め自律神経のバランスをたてなおす。

等々

 

但し、注意すべき点もあります。

ひと言でいうと”無理と我慢をしない”につきます。

我慢して長い時間サウナに入らない。体調の悪い時、心臓病のある場合は無理して入らない。

無理をして水風呂に飛び込んだり冷水をあびない。我慢はせずに小まめに水分をとる。

などなどです。

 

毎年フィンランドでサウナ我慢大会をやっていたのですが、2010年にロシアの選手が我慢しすぎて

亡くなったとのことです。それ以来、大会も開催されていないとのことです。

 

いずれにしても”無理と我慢は禁物”とうことだけは肝にとめてサウナを愉しんでください。

(おわり)