自分deできる整体&健康生活|広島らくしんかん整体 ”熱中症対策・その1”

ついに梅雨が明け本格的な夏がやってきました。

今年も厳しい暑さが続くようです。当然、熱中症にも注意する必要があります。

 

熱中症対策では、よく言われていますが、

・小まめに水分補給をする

・無理に炎天下に出て、激しい運動は控える

・外では日陰・風通しのいいところで、室内ではエアコンを上手く使って休息を

などの注意があげられるかと思いますが、もっともだと思います。

 

今回は、ちょっとした”ひと工夫”で熱中症対策にもなりますし、

火照った身体を冷やし、暑い夏を快適に過ごせる方法を紹介したいと思います。

 

非常に簡単です。

”頭のてっぺんを冷やすことです”

 

アイサイトの写真のように、水で濡らして絞ったタオルを頭の上にのせるだけでいいです。

氷水を頭を載せるのは、かえって冷やし過ぎて汗の内攻につながるので注意が必要です。

 

冷やすところは”頭のてっぺん・真上”です。

くれぐれも後頭部や首を冷やさないでくださいね。

 

冷やし始めたときは、すぐには実感がわかないかもしれませんが、

少々時間がたってくると、頭のうえがスースーとしてきます。

さらに何か身体の中に涼しい風が通り抜けるような、身体の中が通った感じがしてきます。

 

途中、タオルがぬるくなったら、水で絞りなおして取り換えても構いません。

頭がかっか、かっかと熱くなった時はもちろん、身体全体が火照った時、

足の裏が熱く感じて夜寝れない時にも、これをすると体の中の熱を発散して冷まします。

 

炎天下のなか、外出するときは

水で絞ったハンカチを頭の上にのせて、目立たないように帽子でもかぶるといいかもしれません。

もちろん、熱中症対策のひとつにもなります。

 

熱中症対策だけでなく、身体の熱を取る効果があります。

とても簡単なので試してみてください。

 

ただし、熱中症の症状が重くなり、意識障害が出たときは、これだけでは間に合わないことがあります。

速やかに医療機関へ応急処置をしてもらう必要があります。

(つづく)