自分deできる・役に立つ整体|広島らくしんかん整体 ”捻じる前に、側腹つまみ”

ずいぶん前に動画ブログで紹介しましたが、

捻じる前に、この”側腹つまみ”をやっておくと

非常にやりやすくなります。

 

”捻じる”運動は、他の健康体操やヨガでも数多くあります。

ご自身で合ったもの、無理のないものを愉しみながら行うのがポイントです。

結果ばかりを追い求めて、無理なことをしたり、日々ノルマを課して行うことは、

自身のカラダと向き合う姿勢を否定することになります。

否定し続けて自身のカラダに無理を押し続けると、いずれ身体を壊すことにもなりかねません。

 

必ず自身の内部で感じる”気持ち良さ”を実感しながら行ってくださいね。

ここが”弊処の整体&健康塾”の基本的な考え方のひとつでもあります。

 

ところで”捻じる”動作は、年をとって身体が堅くなるとキツく感じます。

間違えて胸あたりを捻じってしまうと心臓発作を起こしかねません。

よくゴルフで、腰からキチンと捻じってスイングすればいいのですが、

腰も堅くなって上体のみでスイングする人がいます。

 

ゴルフ場で心臓発作で倒れて、そのまま亡くなるという話を聞きます。

このように、いきなり上体だけ捻じる動作をすると、胸つまり心臓をやられてしまいます。

 

そういうわけで、身体を捻じるのが苦手な人、

ご年配の方、身体の堅い方は、まずは”側腹つまみ”をすることをお奨めしています。

 

やり方は簡単、アイウオッチの写真を見ていただければ一目瞭然。

ただ自分の側副を手でつまんで、外側へ摘まみ出せばいいのです。

 

これだけで、ウエストを捻じる動作を同じことをしています。

余裕のある方は、捻れの運動の前後の間に、この”側腹つまみ”をいれてください。

”側腹つまみ”前よりも、後の方がはるかに捻じりやすくなっていると思います。

 

”側腹つまみ”のねらいの”ひとつ”は、

腎臓を元気にさせることですが、何故”腎臓”が元気になるのか?

どうして、この時期”腎臓”を元気にしないといけないのか?

は長くなりますので、ここでは申しません。

 

あと女性に嬉しいのは、

ウエストが細くなることです。

なに!? 薄着になる夏前に言ってくれ….と⁉

 

ともかく詳しいことを知りたい方は、弊処”らくしんかん”の当HP参照のうえ

”季節とからだ講座”(8月27日〔日〕14時開催)を受講されるか、

My講座で貸し切り受講のうえ勉強してくださいね。

(おわり)