自分deできる整体|広島らくしんかん整体 ”指を癒す・簡単親指ストレッチ”

”指のほぐし体操”をしていて思いついたのですが、

親指と小指を合わせて、互いに指先方向へストレッチさせると

親指が伸ばされて、これが非常に気持ち良いのです。

 

親指というと、

最近ではモノ書きのほか、パソコンやスマホなどで”押す動作”が主体となっているようで、

意外に親指も偏った動作のためにくたびれているようです。

 

小指は、薬指同様、単独で動くことが難しい指です。

どちらかと言うと、親指・人差し指・中指らと連動して動きますが、

親指・人差し指・中指の細かい動きを補助・コントロールする役目があります。

 

逆に小指・薬指がないと、親指・人差し指にも影響しますが、

特に中指との連携動作がうまくいかず、細かい指の動作ができなくなるのです。

だから小指と薬指がうまく動かないと、指先が不器用にもなるのですね。

 

意外にパソコンやスマホでキーボードを押す操作は薬指や小指を使わず、

単独で親指だけが動いているケースが多いのです。

それだけ親指を押すだけの操作をし続けると、親指が酷使されるのです。

 

そこで、先ほど申し上げた通りアイキャッチの写真の通り

親指と小指を合わせて指先にのばぎゅーと伸ばしてストレッチすると、

私の場合、親指がすごく伸ばされて時にはちょっと痛いけど、ある意味”イタ気持ち良い”感じです。

 

これは、お仕事中でも勉強中でも、作業中ちょっとの合間に簡単にできるのでお奨めします。

 

親指と小指を合わせるのと、親指と薬指を合わせるやり方

どちらでも構いません。好きなだけやっていただければと思います。

(おわり)