できる・役立つ|広島らくしんかん整体 ”肘も冷えているんです”

今回のテーマは”肘”です。

意外にここが盲点なんですね、特にこの時期は。

肘を外気にさらされていることが多いからなのです。

 

秋になると朝晩を中心に、だんだんと涼しくなり冷えてきます。

しかし日中や宵の口はまだ暑いこともあって、薄着になったり

就寝時も足をモロに出したまま寝ていることが多いと思います。

 

一日のなかで、一番冷えが激しい時間帯が夜明け前後なのです。

この時間帯、多くの人が寝ていると思いますし、布団も薄く寝がえりで

蹴飛ばすなどして足を出し、そのまま冷えたりします。

 

まさに”冷え”は足から始まることが多いのですが、

意外に”肘”からの冷えもバカにできません。

これは意外に夕方から日没後にかけてから冷えやすいのです。

 

日中、暑くて薄着をして肘を出していることが多いのですが、

そのまま肘を出したまま夜を迎えると、夜風で肘を冷やしてしまうことになるのです。

この時期の夜風は、夏場と違いカラッとしているので、心地良い反面、からだの

熱を奪いやすいのです。

 

こういう時は、長袖の上着を持って歩くといいでしょう。

夏場もエアコンで”肘”を冷やしているケースも多いと思います。

肘がひんやり感じたら、肘をあたためるようにしましょう。

 

肘を冷やすと、腕を伝わり肩まわり・肩胛骨にも関連して

呼吸器をやられますし、さらには首周りから頭にも伝わってきます。

肘の冷えから”脳”への血行トラブルや、思考力にも影響してくるのです。

 

前回”足湯”を紹介しましたが、”肘湯”というのもあります。

要領は足湯と同じように考えれば良いかと思います。

 

秋の夜の涼風は、肌に心地良いのですが、

タンクトップやノースリーブでいると、肘・肩・首といった

大事なところを冷やしてしまい、体調を壊す大きな原因になりますので

軽く見ないでほしいと思います。

(おわり)