自分deできる・役に立つ整体|広島らくしんかん整体 ”乾きと水”

長雨に台風も去り、これからは晴天が続くようです。

そうなると秋も深まって、いよいよ寒い冬へと突入していきます。

晴天が多くなり、続くと同時に空気も乾いてきます。

 

そうなると私たちの身体は、

”寒さ”だけでなく”乾き”にも大きな影響を受けるのです。

 

乾くとカラダからどんどん水分を失っていくのです。

トイレが近くなって頻尿になるのも、この時期からです。

眼や唇などの粘膜の乾きが気になるのも、同様にこの時期からです。

 

ただ唇の乾きが気になって、リップクリームを塗ったり、

目薬をさしたり、トイレに頻繁に通ったときには、

かなり体の乾きが進行しているのです。

 

こういう時は、

体の外部からよりも”内部”から水を補給した方がいいのです。

 

まずは、”水”を飲むこと。

お茶やコーヒーでも、ジュースやお酒でもなく、

外気温と同じくらいの温度の”生水”をです。

 

この生水を、ちびりちびりと飲んでいきます。

最初のうちは、なかなか身体に染みわたりづらく、

それが小便として出てしまいがちですが、

懲りずにちびりちびりと飲み続けてください。

 

しばらくたつと、やがて体に水が染みわたるようになります。

 

さらっとした風が肌に涼しくもあり、肌寒く感じるのと同様に、

寒い時期の乾いた風は、気温以上に寒く感じます。

ただ体に”水”が保たれていれば、外気との緩衝となって

さほど寒く感じませんが、水が無くなり乾くと寒さを感じます。

 

よく、みずみずしい子どもが

寒い中でも元気で遊びまわっている光景がありますが、

彼らの体には”水”が十分あるから、寒さをさほど感じず平気なのです。

 

年を取ると、肌がしわだらけになり水分を失いがちです。

そうすると、どうしても冬の寒さと乾きには、こたえるのです。

 

そのためにも、これからの時期には”水”をとることが必要です。

 

秋から冬には、水と同時に塩っ気のある汁物をとると、水分を取りやすくなります。

本格的な冬以降は冷たい水を摂ることになります。

 

冬の”乾き”には、まず水を摂ることを心がけましょう。

(おわり)