役に立つ整体生活|広島らくしんかん整体 ”シリーズ・冬の健康法・4 冬を暖かく”

前号では”冷たい水をちびちび飲む”を申しましたが、

カラダの中に”水”が染みわたれば、思いのほか温かいのです。

水を介して、外界の急激な温度変動からカラダを守ってくれるのです。

 

そういうことで、

逆にカラダの乾きを進めてしまう事も避けたいのです。

 

寒いので、よくやりがちですが例えば、

・コタツの中で寝込んでしまう

・電気毛布をあてがってしまう

・電気アンカ(こたつ)をして寝る

・使い捨てカイロを身体に貼りつけたままにする

・エアコンを暖房のまま着けぱなっしにして寝る

などなど

いずれも身体の乾きをすすめ、かえって冷えてしまう事にもなります。

 

とくに寒いからと言って、同じ場所に使い捨てカイロなどを貼りぱなっしにすると、

かえってその場所は自ら温かくなろうと機能を失ってしまいます。

喩えると、ぬるま湯に慣れ切ってしまって、出るに出れなくなって、

出てしまうと却って冷えてしまうのと一緒です。

 

寝る時も、出来れば寝具の中に暖房機器は持ち込まない方がいいのです。

どうしてもという時は、”湯たんぽ”を入れるのがいいでしょう。

”湯たんぽ”は時間が経てば、中のお湯が冷めていきますので、ちょうどいいのです。

 

あと、朝起きたときなど冷えや、足先の突っ張りや違和感を感じたら

”足湯”をするのがいいです。

 

最後に、正面からの風を受けない事。これは心臓を守るためでもあります。

以前、首に冷たい風を受けるなと注意したことがありましたが、まったく同じです。

首と同様、胸も長時間冷たい風を受けないように気を付けましょう。

(おわり)