できる・役に立つ|広島らくしんかん ”リラックスできない残念な人々 その③”

リラックスがうまくできない人は、当然ながら身体が弛みきっていません。

弛んだと本人が思っても、ハタで見ると、どこか緊張が残り、弛んでいないことが多いのです。

 

弛んだか弛んでいないかを見極めるポイントが『呼吸の吐き切り』なのです。

『吸い』と『吐き』が呼吸なのですが、『吸い』は身体が緊張する方向へ、

『吐き』は身体が弛む方向になります。

 

その証拠に、昔やっていたラジオ体操を思い出してください。

最後に『深呼吸』をしていたと思いますが、腕を上にあげるときは『吸い』ますね、

逆に腕を下げる時は『吐き』でやっていますね、『吐き切る』と両腕が体側にいって

カラダの全身の力が抜けたようになりますが、まさにその時です。

 

『吐き切り』の時に、身体の力が抜けきっているかどうかなのです。

そうは言っても余分な力を残しているケースが非常に多いのです。

 

呼吸の『吐き切り』は、息が浅いと深く吐き切れないのです。

もうひとつ、シーソーの関係で『吸い』も浅いと、同様に『吐き』も浅くなるのです。

従って、いかに吸う息、吐く息を深くするか、つまり呼吸を深くするかが

リラックスすなわちカラダを弛ませる大事なポイントになります。

 

簡単な”肩あげストン”をしてみましょう。

一度、息を大きく吸いながら両肩を上げてみて下さい。

吸いきったら、上げた両肩と一緒に、ちょっと軽く止めてみて下さい。

そして、一気に吐く息と一緒に力を抜いて両肩を落としていきます。

 

吐く息と一緒にうまく両肩が落ちて、両肩の無駄な力が抜けましたか?

そして、次に呼吸をするときに以前よりも深く呼吸ができていますか?

 

動作は単純ですが、意外にこの方法でもリラックス、

つまり自分で弛めることが、うまくできない人が多いのです。

 

次は、もうひとつの視点で何故リラックスできないのかを説いていきたいと思います。

(つづく)