正月休みだからこそ”情報の断食”を! 広島らくしんかん整体

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

このお正月3が日、お休みの方も多いと思います。

 

新年早々、何か新しいことをやろう!と決意を抱いている方もいるかと思います。

 

もし、ここで何か新しいことをやろうと思えば、

一度、一日でもいいから”情報の断食”をすることをお奨めします。

 

『情報の断食』というと、何のことやら?と思われるかもしれませんが、

何のことはない、『テレビ』『ラジオ』『PCやスマホのネット』『新聞・雑誌』など、

情報媒体に”一切触れない生活”を一日してみるのです。

 

非常に簡単そうに見えますが、意外にこれがなかなかできない。

今や、ちょっとした時間があればスマホをいじっている人が非常に多いです。

それだけ外部からの情報に入り浸っている生活になりきっているのです。

 

しかし、これらの情報はご自身には絶対必要でしょうか?

生活上、仕事上、どうしても必要なものは、いくらかはあるかもしれませんが、

日々、手にしている目にする情報が、ご自身にとって、すべて必要なもでしょうか?

 

本当に、この情報が生命の維持や、生活の安全のうえで必要なレベルのものかというと、

大概の方は、そう多くないと思います。

 

ちなみに夜寝る前に、一日のうちでテレビ・スマホ・PCや新聞で何を見たか、何を知ったかを

チェックしてみてください。それらが自分にとって本当に必要な情報かを検証してみてください。

 

意外に、自分にとって無くてはならない情報というものは、そう多くないはずです。

 

それだけ、現在は情報過多になり過ぎているのです。

その情報の質や程度もさることながら、現代の人々は情報に入り浸っているのです。

なかには、情報が絶え間なく入らないと不安に感じてしまう人もいると聞きます。

 

自分にとって大して必要な無い情報が入らないことで、不安に感じること自体が

滑稽のように見えます。

 

カラダの面から見ると、それだけ余計な情報を目にしたり耳にするということは、

余計に頭や眼を使いすぎているのです。つまり余計なことで頭や眼が草臥れるのです。

 

そういう意味で、

一日でもテレビやラジオ、新聞、ネット(PC・スマホ)などの無い生活をしてみください。

 

時間とお金の無い方は自室で暗くして座禅をするようにして過ごしてください。

余裕のある方は、電波の届きにくい山や海、野原など安全な場所で一日過ごしてみてください。

 

出来れば他の人との会話も必要最低限にしてください。

 

こうやって一日を過ごすのはキツイかもしれませんが、終わってみれば案外すっきり感じるかもしれません。

つまり自身の”頭や、心の中をクリーニングする”ようなことにもなるのです。

”クリーニング”をして、頭や心をすっきりキレイにすれば、新しいアイデアが湧いて出るかもしれません。

 

そういことで一時的に情報を遠ざけることは、

自己の内面を見つめ直すいい機会にもなります。

 

私のように健康問題を提唱している者も、

やたら医療や健康情報が氾濫し、それに踊らされている人が非常に多い気がします。

 

まずは、外部の情報との付き合い方を見直していく一方、

逆に自身の内面を見つめ直し、自身の内部を少しでも正確に把握しましょう。

ある意味、そういう姿勢を持つことが、現代における健康への心構えの第一歩とも思えるのです。

 

心当たりがあると感じた方は、非常に素晴らしい思います。

このお正月3が日、正月特番テレビが面白くないと感じた方、人付き合いや仕事で疲れた方、

一日でも”情報の断食”をされたはいかがしょうか?

(おわり)