風邪の効用・1|広島らくしんかん整体

「風邪の効用」という本がある。

”野口晴哉”先生の有名な本である。

今は文庫本で販売されているので、比較的大きな本屋さんで入手できる。

 

人間には”生老病死”がある。これらは避けることができない。

”病”もそうだ。

”老死”といっしょで、忌避するような扱いだった。

風邪も”万病の元”と言われるように、ひとつ間違えればやっかいなことに繋がる故、

”病”として忌避し、場合によっては敵視してきた風潮がある。

 

その最たるものが、インフルエンザをはじめとするワクチンに対する考え方だ。

これは忌避の窮極かもしれない。

その他、ちょっとしたことでも「お風邪など召さないように….」という挨拶代わりに使う。

テレビの天気予報でもこの季節には良く耳にする。

 

とかく「病」は、痛く・苦しく、そして最期には”死”に至るものとして、

忌避し、敵視したがるのも無理はないと思う。

 

しかし、この「風邪の効用」は、これまでの考え方とは全く異なる。

 

「病」とは生きている限りは、なってしまうこともある。

「病」になるには、なるだけの理由があるはずだ。

その理由がわかれば、これまでの生活、身体の動き方も改める機会になるだろう。

さらに人間を含め生き物には”自然治癒力”が具わっている。

 

自然治癒力を信じ、「病」をどう経過し、どう変わっていくのか、向き合うチャンスかもしれない。

一連の過程がわかれば、今回の「病」を通して悪い処が質され、より良くなっていく機会にもなれる。

 

そうなれば”風邪”という「病」が、これまでの自分に何かを教えてくれるはずだ。

そして身体の裡に何かを働きかけて、この風邪を経過しようとする。

この経過、決して快適なものでない部分が多いので、覚悟する必要がある。

 

きちんと経過し、乗り越えれば、風邪を引く前よりも調子がいいことに気づいてくる。

 

風邪を引く前に一度、野口先生の”風邪の効用”という御本を読まれると良い。

(つづく)