風邪の効用2|広島らくしんかん整体

風邪を引いてしまった。

野口晴哉先生は、身体が敏感なら宵越しの風邪はひかない、

と言われるが、自分は不肖ながら今回は1週間近く要している。

 

自分の体癖のせいか、

風邪をひくと、比較的お腹にくるケースが多い。

下痢をし続けるならいいが、逆に下痢ができなくなりお腹のなかで

溜め込むと、お腹が張って非常につらいし、時間もかかる。

 

今回は幸いにも、お腹に来ずに上の方にきたようだ。まずノドに来た。

この手の風邪の引き方は自分にとっては比較的ラクな引き方だ。

ただセキでゴホゴホ、鼻ジュルジュルになるので周囲は不愉快かもしれない。

 

ただ、今回はノドから気管支にきたようだ。

小さい頃に気管支喘息にかかり、今も数年に一度は激しく咳きこむ。

今回も4,5日前は就寝前は、かなり咳き込み少し苦しかった。

 

咳き込みがおさまると、次は鼻水と痰に変わり始めた。

痰は濃い膿がでてきる。痰だけでは間に合わないのか、

鼻からも膿が出て、まるで蓄膿になったみたいに、膿がどんどん出てくる。

 

おそらく、気管支で何か悪いモノを出そうとしていたのか、

インフルエンザかの何かの菌を、気管支でシャットアウトした結果なのだろうか。

二日ぐらいで膿の濃さが薄くなるとともに、痰もおさまってきた。

 

足湯をしてみると、右足がなかなか赤くならない。

からだにも偏りがあったのだろうか。右足が鈍かったのだろうか。

肝臓も草臥れていたのだろうか。

 

咳き込みが激しい三、四日前は頭が働きが鈍くなったような感じだった。

書類や本を読んでも頭には入らないし、集中力がすぐ切れる。

最近では、眼の疲れが気になる。

ひょっとしたら、これまでの眼の酷使が、今回の風邪に繋がったのだろうか。

 

この風邪の経過にはもう少しかかりそうだ。

今しばらく自分の身体内部と向き合い続けよう。

(おわり)