やさしくできる!足首回しで股関節調整|広島市らくしんかん整体

前回は”自分でできる股関節調整”ということで、

「立ったまま足首を振る」ということをやりましたが、

今回は、もう少しラクに”仰向け寝てする・股関節調整”ということで

足首回しをします。

 

まずは、平たい場所で仰向けに寝て下さい。枕はしないほうがいいでしょう。

両足の足幅は腰幅くらいが適当です。足首を内転したときにお互いの足がぶつからない

程度がいいでしょう。踵を押し出して脚を伸ばすと股関節や骨盤に響きやすくなります。

 

あとは、仰向けになったまま足首を回すだけです。

 

出来るだけゆっくり、ただし大きく両足首を回していきます。

最初は外から内側から回した方がいいと思いますが、慣れたら逆回転でも構いません。

 

ゆっくり、大きく足首を回していきますと、足首だけでなく膝や股関節

さらに骨盤まで足首の回転が響いてきます。

足首を回すことで、単に足首だけでなく、膝、股関節、骨盤

さらには上半身も調整できるのです。

 

ただし、足首の堅い人は、自力ではなかなか大きく回しづらく効果が実感しにくいと

思いますので、二人一組になって誰かに回してもらうといいでしょう。

自分で足首を回したと思っても、他人に足首を回してもらうと意外に自分でやると

回っていないのに気づくはずです。

 

足首や脚に故障がある場合は無理に回さないでください。

余裕があれば、相手の人に膝小僧の上と下腹部の合わせの手あて(愉氣)すると、

膝も良くなってきます。

 

自分でできる足首回しです。股関節だけでなく、身体全体を調整できます。

夜就寝時にでも簡単にできますので是非ともお奨めします。

(おわり)