朝晩の冷えと”からだ”の不調|整体&健康塾らくしんかん(広島市中区)

秋分の日も過ぎ、ずいぶん凌ぎやすくなりました。

日中はまだ半袖で過ごせるくらいものの、朝晩とくに明け方の冷え込んできました。

温度差も大きいのですが、だんだんとカラッと湿気が少なくなりつつあるので

”乾き”からくる”冷え”にも注意が必要です。

 

湿気や水気があるうちの”冷え”と、乾いた状態の”冷え”とでは、後者の方が”冷え”を

伝えやすくなり、当然からだにも影響が大きくなります。

 

朝晩、特に明け方の冷えには気を付けましょう。

就寝時、半ズボンで肌掛けで寝ている人は少ないと思いますが、

脚・足を出して寝ると、冷えの影響をモロに受けますので、

長ズボンタイプの寝間着に変えるなど、注意が必要です。

 

朝起きて、ノドが痛い、声が出ない、鼻水が出るなどの風邪の症状を感じたら

足から冷えの影響を受けている可能性があります。

こんなときは、まずは足湯をしましょう。

 

これからはこの時期の身体のトラブルと対処法について説明したいと思います。

(つづく)