冷えの急処の観かた|整体&健康塾らくしんかん(広島市中区)

10月に入りググっと朝晩冷え込んできました。

 

ところで”冷え”は、どうやって判断するのか?

本人が足元が冷えたなと感じれば”、すでに”冷え”の影響を受けているのです。

ただ足元は感じにくいところもあり、なかなか冷えを感じるのが難しいかもしれません。

そうこうしているうちに、慢性的な冷え性に陥っていることもあります。

 

いちばんわかりやすい”冷え”の急処の観かたですが、

冷えると足の指と指の間が狭まり詰まる傾向があります。

特に3指の中指と4指の薬指の間を使います(他の指間も使いますが)。

 

アイウオッチの写真のように3指と4指の間に指をそっと入れて、カカト方向に動かして下さい。

うまく指が入らず鈍い痛みがありましたら”冷え”ている状態です。

 

鈍い痛みを感じましたら、そのままじっと3・4指間の手の指を入れて愉氣をしながら

カカト方向に指間を押し広げるように進めてください。

これだけでも足の冷えを解消することができます。

 

足の指間が詰まりますと、逆に足のふくらはぎの腓骨と脛骨の間が拡がって

足が太くなったように見えます。さらに太腿も外側に張ってきます。

足が太くなり、足の重心が外側にかかりすぎると”冷え”が影響しています。

 

やさしく足の指間を愉氣しながら押し広げましたら、丁寧に足首を回しておくと

冷えの解消と、足首を中心に温かくなってきます(妊婦さんは避けたほうが良いです)。

 

まずは足元の冷えは、足元を丁寧にみながら対処していきましょう。

(つづく)