冬の乾きに”冷水を飲む”|整体&健康塾らくしんかん(広島市中区)

梅雨時や夏の時期は湿度が高いのですが、

その反対に晩秋以降は湿度が極端に低くなってきます。

天気予報で「異常乾燥注意報」が出るのもこの時期からです。

体にも相当”乾き”の影響がでてきます。

寒くなるので小便が近くなると、なお体内から水がでていきます。

 

汗になって出にくいので、体感として水分が出ているのがわかりづらいのが

冬場の乾きとしての身体の異常感を感じづらいのが難点です。

 

乾けば内部に対して水を摂るのが一番です。

外気温と同じ温度の水、つまり”寒の水”をちびりちびりとゆっくり飲むのです。

寒いからと言ってお湯を飲んでも美味しくないし、吸収されません。

さらにお酒やコーヒー、お茶はアルコール、カフェインなどが含まれていて

摂った以上に水分が出ていきます。

 

ただ晩秋の頃は、なかなか水が体内に吸収しません。

そういう場合は、先に塩気のある汁物を摂ると水の吸収がよくなります。

ラーメンやうどん、そばの汁でも構いません。

秋口以降になると鍋物が美味しくなりますが、まさに身体が欲しがっているのでしょうね。

旬の鍋をつつきながら、寒の水を併せて摂ると効果的です。

(おわり)