腰痛の原因と腰の特性をさぐる|整体&健康塾らくしんかん(広島市中区)

前回は腰椎には5つ骨があって、

それぞれが一定の運動系に特徴があるということを説明しました。

今度は、同じく腰椎5つの骨に身体の機能に特徴があることを説明します。

 

簡単に説明すると(身体運動・影響が強い身体機能・行動特性)

・腰椎1番:上下運動・頭と神経系・考える

・腰椎2番:左右運動・消化器系・食べる

・腰椎3番:捻転運動・泌尿器系・勝負事やがんばり

・腰椎4番:開閉運動・骨盤や生殖器系・本能

・腰椎5番:前後運動・呼吸器系・歩く走るなど動く

 

ごく大雑把ですが以上のようになります。

野口整体の野口晴哉先生は、これら5つの腰椎にはそれぞれ運動や機能系に

特色がでて、この特色から性格や行動様式まで特徴づけられ、ある意味個性というものが

でてきます。これらも含めて、さらに集大成したものが”体癖”と言われています。

 

”体癖”は人間理解のうえでは重要な手がかりになりますが、非常に難しいので

ここでは省略します。腰椎という骨ひとつひとつに秘められた特徴があることを

知っていただければ幸いだと思います。

 

これらの腰椎のどれかが草臥れたり、異常な状況を起こすと腰痛だけでなく、

いろいろな身体症状が浮き上がってくるという事もあります。

ですから腰椎は腰の骨ということもありますが、腰だけに関係するのでなく、

人間が生きていくうえで、さまざまな影響を及ぼしていることも知る必要があるのです。

(つづく)