とっさの時に、ギックリ腰になったら!|らくしんかん整体(広島市中区)

とっさにギックリ腰、腰痛に襲われたときの対処法をおさらいしたいと思います。

 

まず、痛い箇所に手をあてる。

これはごくあたりまえですね。本能的に手があたると思います。

 

次に、わずかでも動けそうであれば、息を軽く止めて

安全な場所に移動する。あるいはラクな姿勢をとる。

 

高台や作業場に雑踏の通りなどで”いきなり、うっッ”となった時、

まず息を軽く止めて下さい。そうすると身体は一時的に緊張状態を保ち、

わずかな時間でも痛みから逃れることができます。

 

周囲の状況をみて、安全な場所、安全な態勢をとってください。

次にリラックスできそうな姿勢にとりかえてください。

立っていたら、ゆっくりしゃがむとか、横なるとか、状況に応じて様々です。

ご自身のその時の一番楽になりそうな姿勢を、息を軽く止めると痛みが一時的に和らい

できますので、これらの応急動作を行います。

 

モタモタすると、途中で息が苦しくなって息継ぎをしてしまいます。

動作途上で息継ぎをすると痛みがでてきますので、気をつける必要があります。

自力で行うのが難しい時は、声を出して助けを求めるのもひとつの方法です。

 

出来るだけ息を穏やかにしながら、

痛い腰の箇所とお腹(お臍とお臍の周囲)を合わせるように手をあてる。

 

痛い腰に手をあてるのはもちろんですが、

反対の手で、お腹に手をあてると治まり方が早いです。

痛い腰側にあてている手と、反対側のお腹にあてている手を、からだ内部で合わせるようにして

手あてをすると、早くて5分、おおよそで15分~20分で痛みが和らいできます。

動けるようになったら勝ちです。ゆっくりと無理せずに少しずつ動きましょう。

 

次は効果的なギックリ腰の手あてを説明します。

(つづく)