お役立ち冬の健康法・眼の健康法②|根本改善整体らくしんかん(広島市)

冬のお役立ち健康法シリーズです。

 

今回は眼の健康法のつづきで②で、

テーマは眼と水分との関係です。

 

疲れ目や、目がチカチカすると、目薬を差す人をよく見かけます。

 

実は眼は露出した脳でもあり、皮膚の特化した部分でもありますので、

外界からの環境の影響をモロに受けます。

つまり冬は乾きやすいのです。だから眼をケアすることは非常に大事です。

 

まず、目は乾きに敏感。

外から直接、目に水分をやっても大して効果はありません。

体内から充たせないといけません。これは目に限らず他の器官も同様です。

 

前にも書きましたが、まず乾きを感じたら冷たい生水を飲むことです。

 

冬の時期、眼だけでなく体中が乾燥状態になっているからです。

 

コーヒー・お茶・お酒はカフェインやアルコールなどで、かえって水分が余計に抜けます。

外気温と同じ冷たい生水をガブガブ飲まず、チビチビとゆっくりと飲むと身体に染み込んできます。

 

そういうわけで眼をケアをするだけに止まらず、身体全体のためにも

冬場は冷たい生水をちびちびゆっくりと飲むことです。

(つづく)