応急手当法・突き指したとき|根本改善整体らくしんかん(広島市)

では”突き指”の対処法をご紹介します。

 

先にポイントですが、

・早ければ早いほど良い!

・そっと、やさしく触れる!

です。

 

これを無視して、例えばぐいぐい押したり引っ張ったりすると、

却って悪化するのでご注意‼

突き指発生後、何時間も経過してから対処は、かなり難しくなります。

 

ではやり方です。

痛い!あるいは腫れた関節をつかまえて、じっと反対側の手もしくは指で

やさしく、そっと触れます。そしてじっと気を通すように振れるのがコツ!

 

少し時間がかかりますが、そうすると指の関節同士の骨がこくっと動き出します。

そこをねらって、ちょっとだけすっと引っ張っるのです。

グイっと引っ張ってはダメです。グラム単位のわずかな力です。

裏側の筋肉を主にして引っ張っるとうまくいきます。

 

そうすると、突き指を起こしている骨が矯正されて、すっと腫れも引き

痛みも治まりだします。

 

ただし、微妙で根気がちょっといるので、注意が必要です。

 

私も合気道の稽古中にちょいちょい突き指をし、稽古の合間にこれをやって

治して、また稽古を続けています。

とっさの時の応急処置法として覚えておくと役に立ちます。

(おわり)