とっさの応急処置法・乗り物酔い③|根本改善整体らくしんかん(広島市)

乗り物酔いシリーズ③続きです。

 

体質と言うか、体の構造で乗り物酔いになりやすい人もいます。

ただし、からだを観るプロでないと、その判断が難しいので参考程度にして下さい。

 

A:耳の三半規管が弱いと乗り物酔いになりやすい。

(対策)⇒平衡が悪くて乗り物酔いになりやすいので、利き目をつぶる。利き耳を塞ぐ。

体を非重心側に偏らせておく。重心側が判らない場合は片足立ちになって、

ふらつくほうを取ってみるのが簡易です。

 

B:左右の肩甲骨の間の背骨がくっつている。

(対策)⇒難しく言うと”胸椎”と言う背骨が、上から3番目と4番目がくっついている。

そうなると乗り物の振動に弱くなるので、骨のくっつきを離してもらう。

(これは難しいです。参考程度にしてください)

 

C:肝臓や腎臓が弱い

(対策)⇒正座をして臍と臍の裏を焦点にしてギューッと左右に体を捻じる。

難しいけど、胸椎9番と10番がくっついているのが原因なので離してもらう。

 

D:食べ過ぎ、飲み過ぎ

(対策)⇒暴飲暴食を控える事。食べ過ぎ、飲み過ぎで乗り物酔いになったら、

後悔と反省をして、ゲロ袋にさっさと吐けば、あとはラクになる。

 

窓を開けて新鮮な空気を吸ったり、シリーズ最初で紹介した後頭骨と首の付け根を押さえることは、

どの状態でも有効です。さらに鳩尾(みぞおち)をギューッと押さえて揺さぶるのも良いです。

 

次回は超カンタン・反則技の”乗り物酔い防止法”です。

(つづき)