とっさの応急処置法・臭い!ニオイの攻撃には?|根本改善整体らくしんかん(広島市)

根本改善整体らくしんかん(広島市)です。

 

とっさの時の応急処置法。

今回は趣向を変えて”くっさい!・ニオイの攻撃への対処法”です。

 

臭いニオイの攻撃パターンはさまざまですが、

以前から”乗り物酔いの対処法”をやっていますので、

乗り物の中でイヤな臭いが漂ってきたときの対処法をあげたいと思います。

 

これから年末年始、帰省などで長時間乗り物を利用する方も多いでしょう。

乗り物は混雑するし、道は渋滞してなかなか進まずで身動きがとれない。

こんなときにイヤな臭いが漂ってきたらたまらないですよね。

 

例えば、満員の列車やバス、飛行機のなかでニオイの強い食べ物。

チーズバーガー、タコ焼き、牛丼、シュウマイ…..、自分で食べるのなら美味しそうですが、

密室で他の人がこれらのニオイが出されたらイヤですよね。

さらに複数のニオイがブレンドされ、暖房も効き過ぎて生温かいと、たまったもんじゃありませんね。

乗り物酔いに弱い人にはもちろん、普通の人もその場から逃げたくなりますよね。

 

飛行機は当然ですが、最近の乗り物は窓が開けられませんし、

仮に開けられたとしても、この寒い中開けると冷たい風が流れ、他から苦情がでてくることもあります。

 

そこで一計。

今回はアロマオイルを使いましょう。

 

ティッシュペーパーと、お気に入りのアロマオイルの小瓶をバックにしのばせて、

こういうときに、ティッシュにアロマオイルを1滴浸せて、ごく控え目にアロマの香りをかぐのです。

 

アロマオイルの種類はご自身が気に入ったもので、

その香りが強すぎたりして周囲に迷惑のかからないものを選んでください。

 

私はアロマの専門家ではありませんが、

一般的に、乗り物に酔いやすい人は、ミント系とかラベンダーとかがいいのでないでしょうか。

小さい瓶だと1,000円前後で手に入ると思いますが、安い物には化学薬品を混ぜてあったり、

また香りの強いものは、かえって気分を悪くすることがあるので注意が必要です。

 

乗り物に酔いやすい人は、これをキッカケに自分に合うアロマオイルを探すと良いと思います。

くれぐれも、香りの出し方には周囲に配慮のうえ注意してください。

(おわり)