知って得する・とっさの応急処置法・二日酔い②|根本改善整体らくしんかん(広島市)

根本改善整体らくしんかん(広島市)です。

ムーミンのような代表ながみが教える”知って得する・とっさの応急処置法”

”二日酔い②続き”です。

 

今回は飲んでいる時の対処法です。

 

実はこれが難しい!

飲んで盛り上がっている時に実行しろ‼なんて無理だと思うからです。

 

それでも飲んでいる時に以下に注意すれば全然違ってきます。

 

対処法① 酒の味が変わったら酒を止める

今まで飲んでいたビールがマズくなった。同じ酒なのに急に味が変わった。

なんて…あれば、すでにあなたの体は酒を受け付けていません。

酒はあきらめて、水やお茶などを飲んで酔いを醒ましていきましょう。

味が変わったと言って、別の酒を飲み続けると悪酔いのもとになります。

 

対処法② 吐く

少しずつ難易度が高くなりますが、

ちょっと気分が悪くなりかけた、胃袋が苦しいなどが出たら、

早めに宴席をたちトイレで吐いた方がいいのです。喉元に指を入れてゲーゲーとやり、

吐くだけ吐いた方がスッキリするのです。

吐くタイミングを誤って、あとで所構わず吐き散らすと周囲が大迷惑です。

 

対処法③ 身体を捻じる、お臍の裏側の背中を叩く

多分これが一番やりにくいと思いますが、お臍を中心にして左右捻じったり、お臍の裏側の

背中を叩く。これは飲む前でもやっても構いません。

 

以前、都心へ勤めていた頃は電車通勤でした。

この時期になると忘年会帰りか、深夜早朝には駅のホームや

ひどいときは電車の中で吐き散らかす人がいて非常に迷惑です。

 

こうならないように、以上のことを参考にして節度ある愉しい宴席にしてください。

 

次回は飲んだ後の本当に苦しい二日酔いの対処です。

(つづく)