知って役に立つ・とっさの応急処置法”中耳炎”①|根本改善整体らくしんかん(広島市)

知って役に立つ・とっさの応急処置法

 

今回は”中耳炎”①

 

私も子供の頃に、中耳炎になり痛くて苦しかった思い出があります。

しかも土曜の夜中で耳鼻科もやってなかったので、本当に辛かったです。

 

年末年始や休日、夜間に出やすいのが”中耳炎”。

耳鼻科へ駈け込もうとしても、耳鼻科の夜間休日診療のところが少ないので

これが非常に困るわけです。

 

なのに、こんな時に限って….ということが多いのです。

 

そこで、中耳炎の応急処置をまとめます。

少し手順が多くなりますので、2回に分けて説明します。

できるだけ専門用語は避けていますが、少し聴き慣れない言葉も出ますがご容赦を!

 

(首を使った処置)

①首の真ん中(正確には頸椎4番)に狙いを定めます。

耳が痛い側の横から、首の骨がある真ん中に向かって指をあてる。

 

②痛い側に顔を向けて口を思いっきり大きく開きます。

そうすると痛みが強調されて、あてている指の下の筋肉が堅くなっているのがわかります。

そうなれば、開けた瞬時に口を閉じ、同時に瞬間的に首にあてている指を離します。

 

そうすると、堅い処が弛んで、痛みが治まってきます。

 

さきほどの首の骨のひとつである頚椎4番は”耳”と非常に密接な関係があり、

ここが堅くなっているのでまず弛める必要があります。

ただし力いっぱい指をあてたり、何度も同じことを繰り返すと効果がないどころか、

余計に首と耳が痛くなります。少ない回数で真剣に決める必要があります。

 

次の処置も必要になりますので、次回後半も必ずみてください。

(つづき)