”手あて”の訓練法としての”合掌行氣法”①|根本改善整体らくしんかん(広島市)

先ほどまで”手あて”としての「愉氣法」を紹介しました。

 

とっても簡単なことなので、

身近な人の身体に手をあてて”愉氣”してみましょう。

 

あてる人も、あてられる人も気持ちが良いものだと思います。

 

しかし、同じあてられるなら、もっと「気持ちの良い”手”」であてられたいですね。

その「気持ちのよい手」を創る訓練法が”合掌行氣法”です。

 

長年お互いに”手あて”をしたり、受けたりすると

”手”の質が気になってきます。

慣れてないと、何だか手をあてられてもゴツンとした堅い感じの手のひらで、

その手のひらから、その人の肩や肘そして手首に力が入っているのが伝わって、

「あんまり気持ち良くないな」というのを感じてしまいます。

 

”手あての会”や”愉氣法講座”でベテランの人になると非常に敏感です。

岡島瑞徳先生のところで勉強を始めてから2年位経った頃ですか、

 

同じく勉強している中年女性から

「やっと、あてている手が気持ち良くなってきたね、最初の半年は

手をあてられるのもイヤだったのに….」と言われたことがあります。

 

半ばガーンとショックを感じながらも、手あて(愉氣)の奥深さに

気づいたのもこの頃です。

 

ということで、

次回は私見”合掌行氣法を実践してみて”を展開します。

(つづく)