すごく気持ちいい!ー公開・アイロン温法準備編ー

根本改善の一環として”アイロン温法”も実施しています。

 

実は、これがすごく気持ち良いのです。

体調の悪い時にもアイロンをすると、冷えて鈍っていた身体が蘇って、

すぐに快方に向かいます。

 

どなたにもお奨めできますが、

特にこんな方や、こんな体調の方に最適です。

・ガンコな冷え症。

・生理不順の方、腰痛、腹下しなど。

・だるい、筋肉痛や神経痛、肩のコリ。

・インフルエンザや感染症に対しての自己免疫力を高めたい。

など、さまざまな困った身体の状態に温法は最適です。

 

 

こちらの温法は、

身体に対して、決して無理をせず、

快い、気持ち良い最適な温度でじわっ温めていきますので、

身体に負担なく、じわじわと身体内部の要所要所に効かせていきます。

 

 

その結果、血行やリンパの流れが良くなり代謝が盛んになります。

筋肉にも弾力がでて、コリや痛みを緩和してきます。

さらに自己免疫力のレベルアップにもなり自己治癒能力を高めて、

無理なく不調を良くなれるという特徴があります。

 

では、”温める”、ちょっとカッコウをつけて温法に使うアイロンを紹介しましょう。

下の写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

じゃーん、ちょっとピンボケになっていますが、

10数年前に購入した”ナショナル製(現パナソニック)”の「裁縫用こてアイロン」です。

 

幾らで買ったか正確には憶えていませんが、

7,000円くらいだったかな?

 

ただ、こちらの裁縫用コテ式アイロン

さすがに店頭で売っている店が少ないようで、

大きな電気量販店でもなかなか扱っていないようです。

 

ただ通販ではまだ手に入ります。

ちょっとサイトをみると類似品で3,000円前後からあるようです。

 

この裁縫用コテ式アイロンの良いところは、

ちょうと良い重さと、大きさで、持ちやすく扱いやすいのです。

普通の家庭用アイロンでもいいのですが、

あれは大きくて重い、そしてアイロン面が広いので少々やりにくいのです。

(くれぐれもスチーム掛けながらやらないでくださいね。ヤケドします)

 

ただ、好みがありますので、都合の良いものを選んだらよいと思います。

 

話は脱線しますが、

他の温法流派で、例えば〇〇式温熱療法でやられているところは、

本格的に”医療機器”として「医療用アイロン」を販売している処もありますが、

あれは、すっごく高い!

 

当、根本改善整体らくしんかんとしては、

例えば”足湯”は家庭用の”広角バケツ”などで、温湿布は”タオル”で、というように

身近なモノを使っていきますので、身体に負担を掛けないどころか、

懐にも負担を掛けないように、ケアをやりますので、そこのところをよろしくね!

 

次回は、実際にやるところをいきますね。

(つづく)

(裁縫用コテ式アイロンは、小型で軽くて扱いやすいのが特徴)