おのみち散歩②-昭和の雰囲気が漂う石段の街並みー根本改善整体らくしんかん

おのみち散策②つづきです。

 

ゲストハウスにチェックインしたら、もう夕方5時過ぎ。

日没の遅い西日本でも、夕暮れがせまってきます。

 

幸い、ゲストハウスの近くに千光寺へつづく石段があり、

ここから一段、一段と登っていく。

途中、千光寺へお参りしたと思われる観光客やカップルが

石段を降りてくるのと行き違いに、よっこらっしょ!と登る。

 

 

 

 

 

 

 

石段は急。登るの結構シンドイ。

石段の両隣は、普通の民家が立ち並んでいる。

古いモルタル建てで、いかにも昭和に建てられたような家が多い。

 

なかには、ここへ来る観光客向けに喫茶店に改装した家もあるが、

普通に住んでいるようだ。

移動手段が、この石段を自分の足で昇り降りするしかないみたいだと、

ちょっと大変だなとも思う。

 

ネコとも出会う。

ネコが多い、ネコにからかわれながら石段を登る。

石段のネコちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石段の途中で、ちょっと一服。

振り返ると三重の塔。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、千光寺近くまで登り、後ろを振り返ると。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして千光寺。

時間が遅いので、参拝客はほとんどいない。

 

 

 

 

 

 

 

あ~あ、日が暮れてしまう。

船の汽笛が響いてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも言えない、

おのみち夕暮れの散歩風景でした。

(つづく)