離島のみなさまに整体しましたー根本改善整体らくしんかん

唐突ですが、いきなりミカンの写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは2月17日(日)瀬戸内海に浮かぶ離島へ行って、

島のみなさまに整体をした際に、お土産にいただいたミカンの一部です。

今、いただいたミカンをモグモグしながら作っています。

 

 

 

 

 

 

 

うーん、おいし~い!

 

これから、離島での”整体”活動を報告いたします。

 

朝、尾道から電車で三原へ。

写真には珍しい、国鉄時代の色そのままの電車が。

 

 

 

 

 

 

 

三原港には、離島へ行くフェリーが。

この船は因島へ行くので、乗ってはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

これから行く、小佐木島、佐木島には、こちらの高速船に。

 

 

 

 

 

 

 

乗船客十数人。

船内は、だいぶん年期がはいっているようで、

シートもかなり草臥れている。

 

 

 

 

 

 

 

乗船中に、乗組員に

「次の船で小佐木島から佐木島にわたります」と伝える。

この事前予約が大事で、これを忘れると、抜港されて小佐木島で乗れなくなるそうだ。

 

 

 

 

 

 

小佐木島に到着。

桟橋と、簡単な待合所に、公衆トイレがあるだけ。

しかし人はいない。

 

ウイキペディアでは、人口10名前後とか出ていたけど、

ひょっとして、今は無人島状態?と不安に感じながら歩く。

 

数分歩いて、住民の一人に出会い話をすると、

「千住先生の絵を見ないか?」と言われ、

美術館か、何かのプロジェクターセンターかに連れていかれる。

そこの女性に、展示されている絵を見せてもらい、島の説明を受ける。

 

 

 

 

 

こちらのパンフレットは、絵をみせてもらったセンターで、いただいたものです。

 

センターの女性の方から、

今は定住人口が7名ということ。

ミカンなどの柑橘類が産業のメインで、以前は島に住んでいたけど、

今は三原市などに住み、時々船で、この島に通い畑仕事をしている人が多いと説明を受ける。

 

さきほど、このプロジェクターセンターに案内してくれた人も、

実は島外に住んでいる人だった。

 

 

 

 

 

 

 

小さな島で、20分ほどで歩けば島は一周できるが、昨年7月の豪雨で道が寸断されて

現在は周回できないらしい。さらに島には、お店どころか、ジュースの自動販売機も無い。

医療施設も皆無で、万が一夜中でも急病が出たら、三原から救急車ならぬ救急船で運ぶとか。

 

島のみなさん、何名かに”整体を体験してみますか?”と声を掛けたが、

突然のこともあるし、畑仕事もあって、断れてしまう。

2時間弱の滞在の間、この島で出会った人は10名もいない、本当に小さな島だ。

 

仕方なく、次の島”佐木島”へ移動。

 

 

 

 

 

佐木島は、小佐木島の対岸。

先の高速船に乗り直すが、乗船客は自分一人。

海上タクシーに乗っているようだ。

 

佐木島向田港に到着。

ここには、昨日になって急きょアポイントがとれた島の方に、

迎えに来てもらう事になっている。

(その方を仮にNさんと呼びます)

 

 

 

 

 

 

 

港の周りは、極めて静か。

少し待っていると、Nさんが軽トラで迎えに来てくれた。

急でお互いまったく初めてなので、こちらはともかく、Nさんも戸惑っていたのではないかと思う。

しかもミカン畑での作業の合間を縫って、迎えに来てくださりありがたく感じる。

 

 

 

 

 

 

 

車で5分、民家の大広間に通され、

近所の方がやってくる。少しずつ人数が増えて、お一人ずつ整体を受けていただくと同時に、

待っている方々は、お互いに世間話に盛り上がり、コミュニティサロン状態に。

 

多くの方が、ミカンなどの畑仕事をされていて、

ほとんどが、ご高齢のうえ、長年の労働から身体を酷使が続いて、

腰、股関節、膝など含め足腰を痛めてたり、なかには手術したり、

人工関節や金具類を入れている人もいて、かなり大変な状態の方もいる。

 

そういう方々にも、丁寧に時間をかけてお一人ずつ整体をしていく。

結構忙しい、整体活動に集中しているので、この間の写真など撮っていない。

結局8名の方に整体を行い、からだが軽くなった、スッキリしたと言いながら

近所の方は帰っていく、終わってみると帰りの船の時間ギリギリに。

 

 

 

 

 

 

港に送っていただいたときに、

”お土産に”ということで、ミカンの段ボールをいただく。

 

船、電車、バスを乗り継いで、お土産の箱は広島に、

今、こうやっておいしくいただいているのです。

Nさん、島の皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

根本改善整体らくしんかんでは、

離島へ整体出張(あるいは出張健康体操教室)しています。

初回に限り、全くの無料で、ボランティア活動としてお伺いします。

なかなか、機会がないと思いますので、お試しの絶好のチャンスです。

 

こちらは公共交通機関(列車・バスなど)利用ですが、

ウチの島に来てほしい、両親のいる島へ行って欲しいなど、

ご希望がありましたら、当HP”問合せ・予約”からご相談ください。

お待ちしています。

(おわり)