夜中に足が攣る①-こむら返りを防ぐ方法-根本改善整体らくしんかん

足を攣る(つる・こむら返り)

 

整体を受けられる方で50代以上の男性を中心に「夜中に足が攣りますが」という訴えをよく聞きます。
実は私もよく攣ります。合気道の稽古では正座するとほぼ毎回足の指先を攣ります。
最悪なのは、四段の昇段審査の最中に両方の太腿を攣ってしまったこともあります。

 

特に年齢を重ねると筋力が衰えるのと同時に堅くなりがちになります。
さらに生活のルーチンワークというか習慣パターンが決まっていると、動かす筋肉がいつも決まってしまい、ちょっとイレギュラーな動きをすると、足だけでなく背中、脇腹、腕まで攣ってしまいます。

 

あなたは攣りやすいタイプですか? ちょっと簡単なテストをしてみましょう。

 

下の写真のように仰向けに一旦ラクに寝ます。
それから両足と両方のカカトを揃えて、両手を頭の上にバンザイします。
そうして、ゆっくりと両手を頭のうえに伸ばし、両踵を押し出すように両足を伸ばしてください。

 

 

 

 

 

ゆっくりですよ! 急にやると本当に攣りますから。
ゆっくり両手両足を伸ばして、腰、背中、肩、首などに痛みなど違和感があったら、
あなたは攣りやすいタイプの可能性があります。
次回は“なぜ攣るのか”のか原因を探ります。

(つづく)