③寝る前わずか1分-攣らない体操-根本改善整体らくしんかん、

寝る前に寝床でわずか1分、簡単にできる。

しかも疲労回復、姿勢もただされ、安眠もお約束の”攣らない体操その①”を紹介します。

 

私も実際にこれと次号で紹介する体操をやり続けると、夜中に攣るという事がなくなり、
ぐっすり朝まで眠ることができています。

 

写真をみてください。最初にも紹介しましたが
1. 仰向けに寝て力を抜いてリラックス(実はコレが大事)
2. ゆっくりと両手をバンザイするように頭の上にあげる(できるだけ両手の幅は狭く)
3. 両足を揃えて、両足のカカトも揃えて押し出すようにする。
4. 息を吸いながら、ゆっくり両手・両足を伸ばし、吸いきったら一気に力を抜く
5. しばらくリラックスする。

 

 

 

 

 

(まず、両手、両足《両足を閉じカカトで押し出す》をのばす)

 

 

 

 

 

 

(伸ばしきったら、一気に脱力、しばらくそのままリラックス)

 

わずかこれだけです。回数もうまくいったら1回だけでOK!
両手両足を伸ばして背中、腰などに違和感があれば、さらにもう一回足せばOKです。
足を攣るのを防ぐだけでなく、全身の疲労が抜け安眠も!翌朝の目覚めスッキリ!
をお約束するセルフケア体操です。是非お試しください。

(つづく)