手の指を労わりましょう③-触手共鳴法の紹介-根本改善整体らくしんかん

手の指を労わりましょう③-触手共鳴法-

整体を行おうとすると、いろいろな状態の方と出会います。
高齢者の方や、ベッドから起き上がれない重症の方もいます。
うつ伏せになったり、体位を変えることも難しいので、別の方法を考える必要があります。

野口整体では“手あて”の「愉氣」というのがあります。
ただひたすら“愉氣”をしてもいいのです。

この“愉氣”を少し応用して、手の指を使ってカラダ全体を調整できないか?
前回は野口整体の「掌心反応」をとりあげましたが、
今回はまったく別の観点で「触手共鳴法」を紹介します。

「触手共鳴法」は便宜上こちらで名付けたものです。
元は韓国の「高麗手指鍼(こうらいしゅししん)」から来たもので、
日本でも多くの療術家に活用され、ヨガにも応用されています。

簡単にいうと「高麗手指鍼」は、短い鍼を手に刺して使います。
手は全身との対応関係があって、手のある部分がからだのある部分に反応して改善していきます。
こちらの「触手共鳴法」は“鍼”は使いません。
ごくやさしく指の特定箇所を触れるだけで改善させていきます。

そうなれば、わずか触れるような刺激だけで変わっていきますので、
痛みはありません。無理な力も必要もありません。従って安全で安心して使えます。
実は私も、この触手共鳴法を学びながら、長年持病であった“膝痛”をこれで完治させました。
セルフケアにももってこいなのです。

今回は簡単に、小指=足、薬指=腕、中指=頭から背骨を通って骨盤へ、という対応があります。
詳しくは症状の実例をあげながら、随時説明をして参りますのでお楽しみください。
(つづく)