始めます-整体基礎講座-

これより整体基礎講座をはじめます。

今回は足や手といった、からだの末端からとりあげていきます。
それぞれどのような働きがあって、どんなトラブルがあって原因は何なのか、
対処法としての操法も紹介します。

参考文献は、一昨年奈良へ集中講義でお世話になった整体処・朱鯨亭、別所愉庵先生の
「操法テキスト基本編」をもとに、こちらの所見も加味させていきます。
野口整体の調律点なども出てきますが、出来るだけ専門用語は控えて平易に進めていきます。
操法も型での操法を要求されるような高度な身体操法も避けて、
ごくやさしく手をあてる「愉氣」をベースにして紹介していくつもりです。

シリーズとして少々長くなりますが、
どこそこの健康雑誌に謳うような「○○をするだけで××が治る」というような
安易なことをやらず、しっかり着実に“身体の構造と運動”を理解したうえで
それを調整するにはどうしたらいいかを考えていきます。

そういうことで、次回より「下肢」シリーズを展開します。
(つづく)