整体基礎講座-足のはなし④・実際に足首をまわしましょう-根本改善整体らくしんかん(広島市)

足が変わると全身が変わる-簡単な実践例を交えて-

実際に足首を回してみましょう。
ご自身の足首を回してもいいのですが、
今回は自身の足首を回してから、そのあと家族や友人など他の人の足首を回してみましょう。

自分自身と他の人の足首を回すことによって、足首の回り方や感触が全く違ってくることに
気が付くと思います。

ご自身で足首を回される時は、リラックスして仰向けに寝ましょう。
なるべく柔らかいクッションは敷かず、枕もしません。
柔らかすぎないことを維持することで、足首を回した感触が腰や背中、肩、首、頭へと
身体全体へ伝わってくるのです。
実際に足首を回すと、足で以って肩凝りを調整するというのも
あながちウソでないことがわかるでしょう。

仰向けで、両足を投げ出します。両脚間の開きは腰幅くらいが気持ち良いと思います。
両足首を同時に外から内側へと、ゆっくり、大きく回します。
繰り返し強調します。ゆっくり、大きく回します。
早くやってしまうと運動も小さくなりがちで自身の足首の感触がわからなくなってしまいます。
やってみると意外に、ゆっくり、大きく回しづらいことにお気づきになると思います。

さらに、右が回しやすい、左が回しにくいなどの左右差や、
内回しは良くても外回しが苦手とか、回すと、ある部分が引っかかるとか、
力が抜けた感じがするなどの、いろいろの感触があると思います。
そういった感覚を細かく、正直に感じ受け入れるといいでしょう。

実はその部分が足首の左右バランスを失っている原因箇所です。
堅いと感じた部分があれば、痛みや支障が無い限り、特にゆっくり大きく回しましょう。

次に他の人の足首を回してみましょう。
この場合も、足首を回される人は、先ほどと同様に、かための敷物に枕無しで
仰向けで寝てもらいます。両脚を開いてもらいますが、このとき足の開き方を見て下さい。
例えば、左側のカカトが経って足先もやや真っ直ぐ上に立っているのに対して、
右側のカカトが外に寝て、足先も外側に開いて倒れているなど、
そういう変化も見過ごさないでくださいね。これも足の左右バランスの崩れに大いに関係があります。

片足ずつ足首を回してみましょう。
回し方の例ですが、写真を参考にされて、片方の手を足先に、もう片方の足を足首に支えて
ゆっくり、大きく回していきます。相手の方が痛みなどを感じたら無理に回してはいけません。

やってみると、スムーズに足首を回すのが難しいことに気づかれると思います。
さらに、回しやすい処と、堅くて回しにくいなど、一筋縄では回せないという事が
多いと思います。高齢になればその傾向が強くなります。
この回して違和感があるところが、足と足首のバランス偏重の原因になります。

少なからず誰でも足首を回してみて違和感があるところが出てきます。
そこが足のバランス偏重の原因ですが、誰でも多かれ少なかれあります。
赤ちゃんが立ち上がって、歩き始めたところから、その偏重が始まり年を重ねると
だんだんと大きくなります。体の弾力を失い始める高齢期から、その傾向が顕著になります。
誰にでもバランス偏重はあることですから、いたずらに自分を責めたり、相手を責めたりは
しないことです。これらのバランス偏重をヒントに集大成したのが野口整体でいう
“体癖論”になるくらいですから、非常に奥深い処があるのです。

何故“奥深いのか?”
このバランス偏重に基づいて、例えば背骨など、身体に力のかかるところが特定され、
その人の行動習性に特徴づけされてきます。その行動習性に基づき性格的な要素も
色濃く出てきます。体癖論について話すとキリがありませんので、改めて特集したいと思います。

まずは、回しにくい処があれば、丁寧にゆっくり、大きく足首を回してください。
足首の堅さが抜け、足がラクになるだけでなく、腰や全身もスッキリ変わっていきます。
上手くやれば相手の方から感謝されます。是非おやりになってください。

(つづく)