寝冷えをしたらスグ足湯-季節とからだの整体講座-根本改善整体らくしんかん(広島市)

朝起きると調子がおかしい。
体がだるい、ノドが痛い、声が出にくいという人が多く出ています。

最近になり日中35度を超えるような猛暑は峠を越えたようで、
夜も熱帯夜から解放され、朝もかなり涼しくなってきました。

ここで注意するのは、
猛暑、熱帯夜の真夏のつもりで足をむき出して肌着のまま寝ていたり、
窓を全開、クーラーや扇風機を掛けぱなっしにして寝込むと寝冷えして、
朝起きたら身体がおかしくなっています。

ハラ巻きさえすれば寝冷えにならなく済むわけではありません。

また前夜にお風呂にあがり、噴き出てくる汗をよく拭かずに
首元、背中を扇風機や、クーラーの冷たい風にあてるとやられます。
頭痛をはじめ夏風邪の症状から、高血圧の方には脳疾患など
危険な事があります。

既にやってしまった!
朝起きたら調子が悪い! 身体が重い、頭が痛い、ノドがおかしいなどの
症状はこれら冷えや寝冷えに原因があります。

おかしいと感じたら、起きたらスグ足湯をしましょう。
朝早ければ早いほど、回復が早くなります。
早いと足湯後ケロっとすっきり治ることがよくあります。

やり方は簡単。
普段お風呂に入る温度より、やや高めのお湯(43~44度)のお湯のなかに
くるぶしが隠れる程度まで両足をつかります。つかること6~8分。
途中お湯がぬるくなったら、熱いお湯を足してください。
6~8分後、両足を出してみて赤くならない側の足があれば冷えの影響を受けています。
その足だけさらに2~3分ほど足湯をします。

足湯中、足湯後は体中から汗がでることがありますので、こまめに拭きとり
冷やさないようにします。実はこの汗が体調を悪くしている原因なのです。
要は内向していた汗を出すと、イヤな症状が早く回復してきます。

余裕があれば熱めの朝風呂に入ることもお奨めします。
ただし入浴後は出た汗をよく拭いて冷やさないようにしてくださいね。

寝冷えをしたと感じたら、スグ朝風呂、足湯をするということを覚えて実行してください。

(おわり)