たまった夏の疲れを総決算-季節とからだの整体講座-根本改善整体らくしんかん

-総決算!猛暑でたまった夏の疲労を根本快善せよ!-

猛暑が、夏の疲れが身体を錆びつかせ、あなたを不調のどん底に陥らせる!

9月中旬にもかかわらず、35度を超える猛暑が続いています。
今年の夏の暑さも猛暑のほか、厳しい暑さが長期わたっています。
熱中症だけでなく、夏の暑さが身体に影響してその疲れが蓄積して、
夏の終わり以降にさまざまな不調がでてきます。

ウチへお越しになられるクライアントさんも、
夏の暑さの疲労から不調を訴えるケースが多くなっています。

訴えてきた具体的な症状として、
① 頭が重い、頭痛に悩まされる
② 目が疲れやすくなった、チカチカする
③ 腕が重いだるくなった。特に打撲したわけでないのに腕が痛い、腫れぼったい。
④ 息苦しい、セキがでる。
⑤ 食欲が出ない、お腹の調子が悪い
⑥ 足が重い、夜中に攣る。歩くのがいつも以上に億劫になる。
⑦ からだ全体が重い、だるい、疲れやすくなった。
というケースがでています。

人によっては、ひとつだけという方もいますし、複数ダブっているという人もいます。
根本改善整体では、どうやって各症状に整体していくのか簡単にご説明します。
ご自身でのセルフケアの方法も同時に紹介していきますので、
一連のシリーズを読んでいただき、セルフケアを実践すると
バッチリたまった夏の疲れを取って、体調を改善することができます。

ひとつ気をつけてほしいのは、
頭痛だから頭をおさえれば良いという対症療法的な
考え方だけでなく、他の症状と同様に身体全体に影響を及んでいるケースがあります。
ここが人間の身体は機械と違って、複雑な要素があるということを認識していただきたいのです。

では、次回から①の頭痛などの頭の問題から入りますので楽しみにして下さいね。

(つづく)