頭を良くしたいなら”足の親指ライン”を使え-根本改善整体らくしんかん(広島市)

頭がよく働き冴える冬場ですが、

酷使すると当然ながら頭も疲れて働きが鈍くなります。

 

逆に頭を使わないと、働くどころかサボりグセがついてボケてきます。

特に思考パターンが日常生活の範囲内で収まって枠から出ないような

生活パターンをしていると、頭の働きも鈍ってきます。

 

頭は使わなければなりません。

いや人間である以上、使えば使うほど良いのです。

 

頭の疲労は取りたい、頭を良くしたいという時、

直接アタマへ触って良いのですが。

 

面白い方法があります。

 

足の親指のラインを使います。

 

足の親指は頭、足の親指ラインから土踏まずの内側、内踝、カカトのラインは

頭と顔の機能つまり鼻、耳、ノドにも関係しています。

 

足が疲れた時に足裏マッサージなどされる方がいますが、

どうせなら、足の親指の裏、足の親指のつけ根である”第一ショ骨底”を

自分の手の指でよく揉んでおくと、頭が活性化して働きだしてきます。

 

ここは認知症やボケ防止の急所としても使います。

 

ついでに土踏まずの内側、内踝周辺、カカト付近を軽く揉んでおくと

鼻、ノド、耳にも関係してきます。

 

朝、ノドの調子が悪ければ土踏まずの内側を押す。

鼻詰まりのときは足の親指のつけ根をていねいに揉む。

中耳炎のときは内踝の下側に硬結がありますので、ていねいにやさしく押圧する。

 

などのケアをすると、頭だけでなく鼻、ノド、耳もケアされます。

風呂上がり、寝る前、起き上がりのたった3分でできます。

年末年始お時間があれば、是非おやりください。

(おわり)