ゼロ円・3分でできる!二日酔いをぶっ飛ばせ①-根本改善整体らくしんかん(広島市)

12月も下旬に入り、夜の市街を歩くと忘年会の集まりでしょうか。

気勢をあげている集団をあちこちで見ます。

 

年末年始に向けてお酒を飲む機会が増えます。

 

”二日酔いにならない、おいしい酒の飲み方”を紹介します。

 

しかも費用はゼロ円、時間も3分。飲む直前まで可能。

これをやっておくか、おかないかで翌朝天国と地獄に分かれますよ。

 

いちばんカンタンなやりかたは、

自分の肝臓に、やさしく”手をあてること”です。

まさに”手あての「愉氣」”です。

これだけでいいのです。

 

乾杯直前までできますので、

自分の肝臓を”労わりながら””感謝しながら”手をあててくださいね。

 

これから肝臓はさらにコキ使われますので、キチンと労わりと感謝の心で

もって”手をあてて”くださいね。さもないと肝臓さんも怒りますよ!

 

さらに効果的な方法として、手を”手刀状”にして手の指を肝臓付近に差し込みます。

息を吐き、少し前にかがむとと肝臓付近がやわらかくなります。

そうすると手刀状にしていた指先が、さらに肝臓の奥に入り込みますので

少し奥までいれます。息を吐き切ったら、奥に入れた指の力を弛めて、

上体を起こします。

 

また息を吐いたら、少し前かがみになって肝臓にあてている手刀を入れ込みます。

吐き切ったら、手刀を弛めて息を吸い状態を起こします。このサイクルを繰り返します。

3分もやれば十分です。

 

この方法は直接、肝臓に緩い”活”を与えてくれて、肝臓が良く働くようになります。

ただし、あまり力を入れ過ぎないようにします。

 

私も実際に、昨年の忘年会直前にコレをやって、

”飲み放題”で”お酒の種類が多かったので、チャンポンのうえ、しこたま飲んで、

どうやって帰ったのか良く分からない状態で帰宅しましたが、

翌朝は全く二日酔いにならず、すっきり起き上がれました。

 

ただし、肝臓に手をあてて、妙に力がなくて柔らかったり、

逆に堅すぎる場合は、肝臓がピンチな状態です。

こういう時はお酒も避けると同時に、こってりしたもの、栄養の濃いものを

食べると余計に肝臓に負担を掛けるので、これらのものは控えて大人しくしましょう。

(つづく)